ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:114件
1件〜10件を表示
製品名
 
製品簡略説明
74-200

Storage: Shipped at 4℃. Spin-down and store at -20℃.

Immunogen: Mouse sperm

Reactivity: Mouse SLC2A3/GLUT3. .

Applications
1. Western blotting (1/200-1/500)

Form: Purified monoclonal antibody (IgG) 1mg/ml in PBS 50% glycerol
filter-sterilized. Azide- and carrier-free.

Isotype: Rat IgG

Function: Facilitative glucose transporter. Probably a neuronal glucose
transporter.Abundant in sperm tail.
 
 
商品コード
容量
価格
 
74-200
100 ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
抗ヒスチジンエピトープタグ抗体は、アミノ末端、カルボキシル末端そしてタンパク質の内部で6XHisで標識される組換え蛋白質のWBによる同定に有用である。
用途:
1. ウエスタンブロット法(希釈: 1/1000)
2. ELISA(アッセイ依存性)
免疫沈降に適していない。

免疫原:カルボキシル末端システインを伴った合成ペプチドGSHHHHHHGGCをKLHへ架橋結合した。

反応特異度: この抗体は、His6 -付融合蛋白を認識する。

形態: ウサギ抗 血清(0.05%ナトリウムアジド添加)

 
 
商品コード
容量
価格
 
60-051
100ul
20,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
RagA (313 aa 36.6 kDa) is the human homologue of Gtr1 identified in yeast and classified as the Ras-like small G protein family. In cytoplasm GTP-bound RagA usually forms a heterodimer with RagD
interacts with Nop132 to be transported to the nucleous. GTP of RagA is hydrolyzed to GDP by RCC guanine nucleotide exchange factor for RanGTPase bound to chromatin. RagA-RCC signal pathway has
crucial role in cell growth and differentiation. RagA is also well known to be involved in mTOR signaling via binding with raptor a component of mTORC1 complex in an amino acid sensitive manner.
Applications
1) Western blotting ( 1000~ 2000 folds dilution)
Not tested for other applications
Reactivity: Reacts with mammalian and Xenopus Rag A proteins.
Immunogen: Purified full-length human RagA protein fused with GST
Form:::: Anti-Rag A rabbit serum added with 0.05% sodium azide.
Storage: Shipped at 4℃. Upon arrival aliquot and store at -20℃.
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-020
100 ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:70-130

Key words: WD repeat KIAA1942 WDR28 METTL18 Phosphorylation

Description: Glutamate-rich WD repeat-containing protein 1 (GRWD1) consists of 446 amino acids with molecular mass of 49.4 kDa. It has been found as a protein which interacts with METTL18 and CDT1 proteins. It has been implicated in regulation of DNA replication and/or in ribosome biogenesis.

Applications:
1. Western blotting (1/1000~1/3000 dilution)
2. Immunoprecipitation (Assay dependent)
3. Immunofluorescence staining / Immunochemistry (1/100~1/1000 dilution)
 
 
商品コード
容量
価格
 
70-130
100 ug
45,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:70-133

Key words: CDC6 DNA replication Regulation of DNA replication Regulation of cycline-dependent kinase activity Phosphorylation Checkpoint Cell cycle Cell division. Mitosis ATP binding Nucleotide-triphosphatase activity Chromatin binding

Function: CDC6 (Cell Division Control Protein 6 homolog) (human; 560 aa 62.7 kDa) is involved in the initiation of DNA replication. Also participates in checkpoint controls that ensure DNA replication is completed before mitosis is initiated.
Subcellular location: The protein is nuclear in G1 and cytoplasmic in S-phase cells.

Applications:
1. Western blotting (1/1000~3000)
2. Immunoprecipitation (Assay dependent)
3. Immunofluorescence staining (1/100~1/1000 dilution)
 
 
商品コード
容量
価格
 
70-133
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:70-230

キーワード: BAF複合体、クロマチン再構築複合体、CREBBP、CREST-BRG1複合体、CYP27B1遺伝子、Fosプロモーター、核ホルモン受容体、神経幹細胞、ニューロン、NR2Bプロモーター、ホスホRB1-HADCレプレッサー複合体、転写コアクチベーター、ビタミンD受容体、WINAC複合体、Zeb1 
機能: Brg1タンパク質 (1647 aa 185 kDa) は転写活性化を促進するために、核ホルモン受容体に協力している転写コアクチベーターである。Brg1はCREST-BRG1複合体を形成し、レプレッサー複合体のカルシウム依存性放出および活性化複合体をリクルートしてプロモーターの活性化を調節する多タンパク質複合体の成分である。静止ニューロンでは、ホスホRB1-HDACレプレッサー複合体のBRG1依存的リクルートによって、c-FOSプロモーターの転写を抑制する。カルシウム流入により、RB1は、カルシニューリンによって脱リン酸化され、其の結果レプレッサー-複合体が放出される。同時に、CREBBPのプロモーターへの動員がCREST依存性機序によって増加され転写の活性化が起こる。CREST-BRG1複合体はまたNR2Bプロモーターに結合し、NR2B発現の活性依存誘導にはHDAC1の放出およびCREBBPの動員が関与する。BRG1は神経前駆体特異的クロマチン再構築複合体(npBAF複合体)および神経特異クロマチン再構築複合体(nBAF複合体)にも属する。神経発達の間、幹/前駆体から分裂終了クロマチンリモデリング機構までのスイッチは、ニューロンが細胞周期から出て、成熟状態に変換される間に入る。神経幹/始原細胞を増殖することから分裂終了ニューロンへの移行にはnpBAFおよびnBAF複合体のサブユニット組成内のスウィッチが必要である。神経前駆体細胞が有糸分裂終えてニューロンへ分化する際、ACTL6A/BAF53AおよびPHF10/BAF45Aを含むnpBAF複合体は、ニューロン特異的複合体(nBAF)中の相同的な別のACTL6B/BAF53BおよびDPF1/BAF45BまたはDPF3/BAF45Cサプユニットに交換される。npBAF複合体は、多分化能をもつ神経幹細胞の自己再生/増殖能に必要である。nBAF複合体はCRESTと共に、樹状突起成長に不可欠である遺伝子の活性を制御する役割を果たす。SMARCA4/BAF190Aは、神経幹細胞をSHH -依存性の分化シグナルに非感受性にする一方、Notch依存性増殖シグナルを増強することにより神経幹細胞自己再生/増殖を促進する可能性がある。また、Brg1はCYP27B1遺伝子のリガンド結合ビタミンD receptor (VDR) に仲介されたトランス抑制に必要であるビタミンD receptor (VDR) によってリクルートされたクロマチンリモデリング複合体であるWINAC複合体と結合したビタミンDのカップルした転写調節に関係する。E-カドヘリン転写を調節し、ZEB1によって上皮間葉転換(EMT)の誘導に必要であるZEB1のコリプレッサーとしても機能する。
用途
1) ウエスターンブロッテイング (1/1000希釈) (図. 1)
2) 免疫沈降 (濃度は実験による) (図 2)
3) 免疫蛍光染色 (1/1000希釈) (図. 3)
他の用途は試していない。

 
 
商品コード
容量
価格
 
70-230
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:70-305

核膜孔複合体 (NPC:nuclear pore complex ) は核膜に隔てられた核質と細胞質との間の物質輸送を司る巨大分子複合体であり、ここを通って高分子の核―細胞質間輸送が行われている。Nucleoporin (ヌクレオポリン) は真核細胞における核膜孔複合体の主成分である。Nup (Nucleoporin) 62 はFG-repeat含有ヌクレオポリンに属し、核膜孔中央の栓構造に局在する。このタンパク質は核局在化シグナルを持つタンパク質の移行にかかわるimportin / 複合体と結合する。
この抗体は無血清培地で培養されたハイブリドーマの培地よりpropriety chromatography などのマイルドな方法により精製された。
 
 
商品コード
容量
価格
 
70-305
200 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:70-501

Key words: DNA damage DNA repair Ubl conjugation pathway Ubiquitin ligase E3 Zinc finger Acetylation Phosphorylation HECT domain PABC domain

Function: EDD / UBR5 (2799 aa 309 kDa) is E3 ubiquitin-protein ligase which is a component of the N-end rule pathway. Recognizes and binds to proteins bearing specific N-terminal residues that are destabilizing according to the N-end rule leading to their ubiquitination and subsequent degradation By similarity. Involved in maturation and/or transcriptional regulation of mRNA by activating CDK9 by polyubiquitination. May play a role in control of cell cycle progression. May have tumor suppressor function. Regulates DNA topoisomerase II binding protein (TopBP1) in the DNA damage response. Plays an essential role in extraembryonic development. Ubiquitinates acetylated PCK1. Also acts as a regulator of DNA damage response by acting as a suppressor of RNF168 an E3 ubiquitin-protein ligase that promotes accumulation of Lys-63-linked histone H2A and H2AX at DNA damage sites thereby acting as a guard against excessive spreading of ubiquitinated chromatin at damaged chromosomes.

Applications
1) Western blotting (1/1000 dilution) (Fig. 1)
Not tested for other applications.
 
 
商品コード
容量
価格
 
70-501
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品番号:70-657

SUMO (Small Ubiquitin-like Modifier) タンパク質は、ユビキチンと構造的に類似しており、細胞内の他のタンパク質に一時的に共有結合してその機能を助ける小さなタンパク質である。ユビキチンが標的タンパク質の選択的分解を誘うための標識分子であるのに対してSUMOタンパク質にはタンパク質の分解シグナルとしての機能はない。タンパク質のSUMO修飾は翻訳後修飾の1つで、細胞核-細胞質間の輸送、遺伝子発現、細胞周期、PMLボディ(promyelocytic leukemia body)などの核内小器官形成などさまざまな重要な細胞機能の制御に関わっている。ヒトでは3つのSUMOアイソフォーム が存在することがわかっている。SUMO2 とSUMO3の配列は極めて似通っているがSUMO1とSUMO2/3との相同性は50%程度である。SUMO ファミリーの各々のタンパク質はそれぞれ異なる機能を持つ様々なタンパク質に結合する。SUMO2/3 はポリ-(SUMO) 鎖を形成し、トポイソメラーゼIIやAPPに結合したり、染色体分離や細胞の環境ストレスへの反応を制御するなど様々な機能に関与している。
この抗体は無血清培地で培養したハイブリドーマの培地からpropriety chromatography などのmildな条件下で精製された。
 
 
商品コード
容量
価格
 
70-657
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
Code:62-200

Background: The 26 S proteasome is a protein complex with a molecular mass of 2000 kDa. It is essential not only for eliminating damaged or misfolded proteins but also for degrading short lived regulatory proteins involved in cell cycle regulation DNA repair signal transduction apoptosis and metabolic regulation (1). The 26S proteasome is composed of the 20S core particle (CP) and the 19S regulatory particle (RP). The RP is further subdivided into lid and base sub-complexes. Rpn1 is a proteasome-interacting protein which acts as a chaperon to assemble the base sub-complex of the 19S RP. Rpn1 is composed of 993 amino acid residues with calculated molecular masses of 109 kDa .

Applications:
1) Western blotting (1000~2000 fold dilution)
Not tested for other applications

Product: Rabbit antiserum added with 0.1% sodium azide
Immunogen: Synthetic peptide corresponding to a C-terminal region of Rpn (849~860).
Reactivity: S. cerevisiae Rpn1/Nas1. Not tested with other species
 
 
商品コード
容量
価格
 
62-200
100 ul
39,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地  |   必要書類のダウンロード
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社