汎用品年度末キャンペーン実施中 ~ 2018年3月31日まで
ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:2件
1件~2件を表示
製品名
 
製品簡略説明
製品番号:71-131

保存温度 : 4℃で輸送、-20℃ で保存
反応性:ヒト p53 acetyl K120
免疫原:ヒトp53 acetyl-Lys120を含む合成ペプチド

用途: 
1.ウエスタンブロッテイング (1/1000 図1)  
2. 免疫沈降 (図2)
3. 免疫蛍光染色(1/100-1/1000 図3)  
4. Flow-Cytometry (1/100 ) 5.ELISA

Isotype: マウスIgG1 (κ)

性状: 精製モノクローン抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS (pH 7.4) 50% glycerol filter滅菌、無添加

背景:p53タンパク質は癌抑制遺伝子p53の産物である。p53の変異はヒト癌の半数以上で検出される最も重要な癌関連遺伝子である。p53は53 kDの位置に電気泳動で検出され、393のアミノ酸からなる。p53は細胞にストレスのない状態では量も少なく不活性な状態にあるが、種々のストレス特にDNA損傷等により活性化され、細胞周期の停止、DNA損傷の修復、アポトーシスの誘導などに関与する。p53の活性はセリンやスレオニンのリン酸化やリジンのアセチル化等の翻訳後の修飾によって制御されている。 
  p53のLys120部位のアセチル化はDNA損傷等に応答して、MYST family acetyltransferaseに属するhMOFやTip60によってなされアポトーシスを誘導する遺伝子であるBAXや PUMAの転写を誘導する。
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-131
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:71-133
 p53タンパク質は癌抑制遺伝子p53の産物である。p53の変異はヒト癌の半数以上で検出される最も重要な癌関連遺伝子である。p53は53 kDの位置に電気泳動で検出され、393のアミノ酸からなる。p53は細胞にストレスのない状態では量も少なく不活性な状態にあるが、種々のストレス特にDNA損傷等により活性化され、細胞周期の停止、DNA損傷の修復、アポトーシスの誘導などに関与する。p53の活性はセリンやスレオニンのリン酸化やリジンのアセチル化等の翻訳後の修飾によって制御されている。 
 p53のLys382部位のアセチル化はDNA損傷等に応答してp300/CBP acetyltransferaseによってなされ p53タンパク質の安定化と活性化に寄与する(文献1)。
用途:
1. ウエスタンブロッテイング (~1 μg/ml 図1)   2. ELISA
製品の性質
抗原:ヒトp53タンパク質のacetyl-Lys382を含む合成ペプチド
反応性:Lys382がアセチル化されたヒトp53タンパク質。他の種では試されていない。
Isotype: マウスIgG1 (κ)
性状: 精製モノクローン抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS (pH 7.4) 50% glycerol .ろ過滅菌済
保存 : -20℃ (長期 -70℃)
文献:
1. Bode AM & Dong Z. Post-translational modification of p53 in
tumorigenesis. Nature Rev. Cancer 4:793 (2004)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-133
100 ug
39,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地  |   必要書類のダウンロード
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社