汎用品年度末キャンペーン実施中 ~ 2018年3月31日まで
ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:3件
1件~3件を表示
分子生物学 / 細胞学 > アポトーシス
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:71-151

背景:E2F1タンパク質は共通の構造と機能ドメインをもつE2Fグループに属し、転写因子として動物細胞におけるG1/S期移行に重要な役割を果たす(1)。E2F1はDNA損傷に応答して、Chk2キナーゼによってSer364がリン酸化され、安定化され、核に移行して、転写因子として活性化される(2)用途
1.ウェスターンブロッテイング (~1μg/ml) 2. ELISA 3.他の用途は調べていない。
製品:Ser364がリン酸化したヒトE2F1タンパク質に特異的に反応するマウスモノ
クローン抗体(クロー#2)
抗原:ヒトE2F1タンパク質の phospho-Ser364を含む合成
ペプチド
Isotype:マウスIgG2b (kappa)
性状:精製IgG 1 mg/ml in PBS(-) 50% glycerol
文献
1. Trimarchi JM & Lees JA Nature Rev Mol Cell Biol 3:
11 (2002)
2. Stevens C. et al. Nature Cell Biol 5: 402 (2003)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-151
100 ug
39,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > アポトーシス
製品名
 
製品簡略説明
製品番号:71-115

背景:リン酸化部位の中でもSer46はDNA損傷が修復できないほど大きなときにリン酸化される部位で、p53標的遺伝子であるp53AIP1の転写を活性化してアポトーシスを誘導する。
用途:ウエスタンブロッテイング (x1000~2000希釈)、ELISA
抗原;p53のphoshpo-Ser46を含む合成ペプチド
isotype: マウスIgG1 (κ)
反応性:Ser46がリン酸化したp53(ヒト) 非特異的反応は低い
保存:-20℃(長期 -70℃)
文献: 本抗体は下記の文献に使用されている。
Taira N. et al. Mol. Cell 25: 725-738 (2007)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-115
100 ug
39,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > アポトーシス
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:71-117

背景:p53のSer315部位のリン酸化はDNA損傷やnocodazoleに依るmicrotubuleの破壊等によって細胞にストレスが与えられる時に、aurora kinaseやcycline-dependent kinaseによってなされると報告されているが(文献1、2)、p53の機能に対する影響は複雑で大部分は未解明である(文献3)
用途:ウエスタンブロテイング(~1 ug/ml) ELISA
抗原:phospho-Ser315を含む合成ペプチド
isotype: マウスIgG2b (κ)
性状: 精製モノクローン抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS (pH 7.4) 50% glycerol
文献:
1. Katayama H.et al. Nature Genet. 36:55 (2004)
2. Blaydes JP. J Biol Chem 276:4699 (2001)
3. Bode AM & Dong Z. Nature Rev. Cancer 4: 793 (2004)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-117
100 ug
39,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地  |   必要書類のダウンロード
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社