汎用品年度末キャンペーン実施中 〜 2018年3月31日まで
ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:50件
1件〜10件を表示
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:10-001、10-002

ヒトのRad51 タンパク質は大腸菌のRecA タンパク質や酵母Rad51 タンパク質の機能的及び構造的ホ
モログであって、相同的組換え及び組換え修復において中心的な役割を果たし、相同なDNA 鎖の交換反
応を促進する機能をもっている。Rad51 のパラログとして、Dmc1Rad51B Rad51C Rad51D XRCC2
XRCC3 が知られておりこれ等はRad51 やRad52 と複合体を形成して、組換え反応に関与している。更に
ヒトRad51 タンパク質は乳ガン原因タンパク質BRCA1 BRCA2 や癌抑制タンパク質として有名なP53
とも結合する事が知られていて、ゲノムの情報の安定的維持に重要な役割を果たしている(12)。
本品は大腸菌で組換え体タンパク質として発現させて、高度に精製したヒトRad51 タンパク質でTag
を切除してある(N 末端にGly-Ser-His を余分に持つ)。本品と同じプロトコールで精製された同等品が独
立の実験でin vitro でnucleofilament の形成能、相同組換え活性、Rad52 タンパク質との結合活性を持つ
ことが確認されている。
用途
1)ヒトを含む高等動物での相同組換えの研究
2)免疫沈降実験によって、Rad51 タンパク質と種々のタンパク質との相互作用が
同定できる。
3)ウエスタンブロット法等でRad51 抗原のコントロールとして使える。
 
 
商品コード
容量
価格
 
10-001
20 ug
40,000円(税抜)
10-002
100 ug
120,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:71-113

背景;p53の転写活性化ドメインのMdm2結合部位にあるSer20がリン酸化されるとMdm2との結合が阻害されp53は4量体を形成して安定化し、活性化される。Ser20はChk1、Chk2リン酸化酵素によりリン酸化される(2、3)。
用途:
1. ウエスタンブロッテイング (~1 μg/ ml) 2. ELISA
製品の性質
抗原:phospho-Ser20を含む合成ペプチド
反応性: Ser20がリン酸化されたヒトp53タンパク質
Isotype: マウスIgG1 (κ)
性状: 精製モノクローン抗体 (17B6) 1 mg/ml in PBS (pH 7.4) 50% glycerol (フィルター滅菌済)
文献
1.Bode AM & Dong Z. Nature Rev. Cancer 4: 793 (2004)
2.Shieh SY et al. EMBO J. 18: 1815 (1999)
3.Hirao A. Science 287: 1824 (2000)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-113
100 ug
39,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > アポトーシス
製品名
 
製品簡略説明
製品番号:71-115

背景:リン酸化部位の中でもSer46はDNA損傷が修復できないほど大きなときにリン酸化される部位で、p53標的遺伝子であるp53AIP1の転写を活性化してアポトーシスを誘導する。
用途:ウエスタンブロッテイング (x1000~2000希釈)、ELISA
抗原;p53のphoshpo-Ser46を含む合成ペプチド
isotype: マウスIgG1 (κ)
反応性:Ser46がリン酸化したp53(ヒト) 非特異的反応は低い
保存:-20℃(長期 -70℃)
文献: 本抗体は下記の文献に使用されている。
Taira N. et al. Mol. Cell 25: 725-738 (2007)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-115
100 ug
39,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > アポトーシス
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:71-117

背景:p53のSer315部位のリン酸化はDNA損傷やnocodazoleに依るmicrotubuleの破壊等によって細胞にストレスが与えられる時に、aurora kinaseやcycline-dependent kinaseによってなされると報告されているが(文献1、2)、p53の機能に対する影響は複雑で大部分は未解明である(文献3)
用途:ウエスタンブロテイング(〜1 ug/ml) ELISA
抗原:phospho-Ser315を含む合成ペプチド
isotype: マウスIgG2b (κ)
性状: 精製モノクローン抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS (pH 7.4) 50% glycerol
文献:
1. Katayama H.et al. Nature Genet. 36:55 (2004)
2. Blaydes JP. J Biol Chem 276:4699 (2001)
3. Bode AM & Dong Z. Nature Rev. Cancer 4: 793 (2004)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-117
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号: 71-141

背景:MdmXはDNA損傷に応答してSer367部位がATMの下流にあるChk2によってリン酸化され、14-3-3との結合が増化して核に移行し、Mdm2による分解を受け、その結果p53が活性化される(文献12b3)
用途:1.ウエスタンブロッテイング (〜1 ug/ml)  2. 免疫沈降 3. ELISA
4. 免疫染色
抗原:ヒトMdxタンパク質のphospho-Ser367を含む合成ペプチド
isotype: マウスIgG2b (κ)
性状: 精製モノクローン抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS 50% glycerol
反応性: Ser367がリン酸化されたマウス及びヒトのMdmXタンパク質。
保存: -20℃(長期 -70℃)
文献:
1. Okamoto K. et al. Mol Cell Biol 25: 9608 (2005)
2. Chen L. et al. EMBO J 24: 3411 (2005)
3. Pereg Y. et al. Mol Cell Biol 26: 6819 (2006)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-141
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-119

Schizosaccharomyces pombe Dis2 is a serine/threonine protein phosphatase which is highly similar to mammalian type 1 phosphatase (PP1). Protein phosphatases are known to play critical roles in cell cycle regulation in fission yeast. Fission yeast has two type 1 protein phosphatases Dis 2 and Sds21. They are 37 kDa proteins and their amino acid sequences are 80% identical to each other and to mammalian PP1 homologs. Dis 2 and Sds21 are necessary for mitotic chromosome disjunction and have overlapping functions. Their disruptants are lethal only when both genes are disrupted. Dis 2 is known to be enriched in nuclei.
1. Immunoblotting (dilution: 1/300~1/1000)
2. Immunoprecipitation
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-119
100 ul
40,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:63-121

Backgroud: S. pombe dis2 gene encodes Serine/threonine-protein phosphatase PP1-1 (327 aa 37.6 kDa) which plays essential role in cell cycle control and required for exit from mitosis.
Dis2 protein is phosphorylated at Thr 316 in mitosis

Applications
1.Western blotting (1/1000~1/2000 dilution). Not tested for other applications

Immunogen: Synthetic peptide NWHMT(PO3)PPRKN conjugated to KLF

Specificity: Reacts with S. pombe Dis2 protein phosphorylated at Thr316. Not tested with other species

Form: Rabbit antiserum added with 0.05 % sodium azide

Storage: Shipped at 4℃ and upon arrival centrifuge briefly aliquot and store at -20℃ .
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-121
50 ul
29,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-135

分裂酵母Schizosaccharomyces pombe のPpa2 タンパク質はtype 2A-like serine/threonine-protein phosphatase catalytic subunit で、そのポリペプチド配列は哺乳類のtype 2A phosphataseのものと約80%の相同性を示す。Ppa2はprotein serine/threonine phosphataseのインヒビターであるokadaic acidに対する感受性を決定している。ppa2 遺伝子の欠損ではokadaic acid に対して高感受性となる。Ppa2 は細胞周期の制御に重要な役割を果たしている。Ppa2はインヒビターとして働くことによってmitosisへのエントリーを制御していると思われる (文献1)。Ppa2 は核に局在するtype 1-like phosphatase Dis2と異なり細胞質に多く存在する。したがってPpa2 は主に核の外で機能しているものと思われる。
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-135
100 ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
Rad21 protein (628 aa 67.8 kDa) is a cleavable component of the cohesin complex
involved in chromosome cohesion during cell cycle. The cohesin complex is required for the
cohesion of sister chromatids after DNA replication. The cohesin complex apparently forms a
large proteinaceous ring within which sister chromatids can be trapped. At
metaphase-anaphase transition this protein is cleaved by Cut1 and dissociates from
chromatin allowing sister chromatids to segregate. Also involved in the DNA
double-strand-break (DSB) repair system Hyperphosphorylated during S and G2 phases.
Proteolytic cleavage of a fraction of hyperphosphorylated form at the onset of anaphase may
be essential for the proper progression of anaphase and sister chromatid separation. Belongs
to the rad21 family conserved to mammals.
ApplicationsApplications
1. Western blotting (1/1000~1/4000 dilution) (Ref.1 & 2)
Not tested for other applications
Immunogen: Recombinant full-size S. pombe Rad21 protein (His-tagged) expressed in E. coli
Specificity:pecificity:pecificity: Reacts with S. pombe Rad21 protein. Not tested with other species
Form: Rabbit antiserum added with 0.05 % sodium azide
Shipped at 4℃ and stored at -20℃ or below
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-139
50ul
30,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > アポトーシス
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:71-151

背景:E2F1タンパク質は共通の構造と機能ドメインをもつE2Fグループに属し、転写因子として動物細胞におけるG1/S期移行に重要な役割を果たす(1)。E2F1はDNA損傷に応答して、Chk2キナーゼによってSer364がリン酸化され、安定化され、核に移行して、転写因子として活性化される(2)用途
1.ウェスターンブロッテイング (~1μg/ml) 2. ELISA 3.他の用途は調べていない。
製品:Ser364がリン酸化したヒトE2F1タンパク質に特異的に反応するマウスモノ
クローン抗体(クロー#2)
抗原:ヒトE2F1タンパク質の phospho-Ser364を含む合成
ペプチド
Isotype:マウスIgG2b (kappa)
性状:精製IgG 1 mg/ml in PBS(-) 50% glycerol
文献
1. Trimarchi JM & Lees JA Nature Rev Mol Cell Biol 3:
11 (2002)
2. Stevens C. et al. Nature Cell Biol 5: 402 (2003)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-151
100 ug
39,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地  |   必要書類のダウンロード
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社