汎用品年度末キャンペーン実施中 〜 2018年3月31日まで
ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:14件
1件〜10件を表示
分子遺伝学 > DNA組換え
製品名
 
製品簡略説明
63-001

反応特異性検定:rhp51欠損分裂酵母株抽出液ではWBで反応しない

保存温度:4℃で輸送、小分けして−20℃で保存

反応性:Schizosaccharomyces pombe (分裂酵母)、Schizosaccharomyces japonica

免疫原:大腸菌で発現させて精製した全長のRhp51タンパク質

用途
1)ウェスタンブロッテイング (1000〜5000倍希釈)
2)免疫沈降実験
3)Chromatin Immuno-Precipitation (ChIP)
4)免疫蛍光染色 (フォーカス観察)

性状:0.09%アジ化ナトリウム添加抗血清

背景:分裂酵母のRhp51タンパク室は大腸菌のRecAタンパク質やヒトRad51タンパク質の機能的及び構造的ホモログであって、相同的組換え及び組換え修復において中心的な役割を果たし、相同なDNA鎖の交換反応を促進する機能をもっている。

 
 
商品コード
容量
価格
 
63-001
100 ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-119

Schizosaccharomyces pombe Dis2 is a serine/threonine protein phosphatase which is highly similar to mammalian type 1 phosphatase (PP1). Protein phosphatases are known to play critical roles in cell cycle regulation in fission yeast. Fission yeast has two type 1 protein phosphatases Dis 2 and Sds21. They are 37 kDa proteins and their amino acid sequences are 80% identical to each other and to mammalian PP1 homologs. Dis 2 and Sds21 are necessary for mitotic chromosome disjunction and have overlapping functions. Their disruptants are lethal only when both genes are disrupted. Dis 2 is known to be enriched in nuclei.
1. Immunoblotting (dilution: 1/300~1/1000)
2. Immunoprecipitation
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-119
100 ul
40,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-133

保存: 4℃で輸送、-20℃で保存
反応特異性: S. pombe Rpn11 / Pad1
抗原: リコンビナントS. pombe 全長Rpn11/ Pad1
用途:
1. ウエスタンブロッティング (1/300~1/1000)
2. 免疫沈降

形状: 0.05% sodium azide添加血清

背景:分裂酵母Schizosaccharomyces pombe のRpn11/ Pad1は34.6 kDa のタンパク質で、ユビキチン化されたタンパク質のATP依存性分解を行っている26S プロテアソームの構成成分である。Transcription factorの Pap1 はpositive regulatorのRpn11/ Pad1、negative regulatorのCrm1と相互作用することによって制御されている。どちらのタンパク質も細胞の生存に不可欠であり、また染色体構造を保つのに必要である。Rpn11/ Pad1 はstaurosporine 耐性に必要であり、またその他の薬剤cycloheximide やcaffeineへの耐性にも必要である。
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-133
100 ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-135

分裂酵母Schizosaccharomyces pombe のPpa2 タンパク質はtype 2A-like serine/threonine-protein phosphatase catalytic subunit で、そのポリペプチド配列は哺乳類のtype 2A phosphataseのものと約80%の相同性を示す。Ppa2はprotein serine/threonine phosphataseのインヒビターであるokadaic acidに対する感受性を決定している。ppa2 遺伝子の欠損ではokadaic acid に対して高感受性となる。Ppa2 は細胞周期の制御に重要な役割を果たしている。Ppa2はインヒビターとして働くことによってmitosisへのエントリーを制御していると思われる (文献1)。Ppa2 は核に局在するtype 1-like phosphatase Dis2と異なり細胞質に多く存在する。したがってPpa2 は主に核の外で機能しているものと思われる。
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-135
100 ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-137

分裂酵母Schizosaccharomyces pombeの Psm1タンパク質 は、細胞周期における姉妹染色体の接着や、DNA修復に必要とされるコヒーシンと呼ばれるタンパク質複合体の構成成分である。コヒーシン複合体は大きなリング構造をとっており、この中に姉妹染色体がトラップされるものと思われる。分裂後期に入ると複合体は切断され、クロマチンから解離することによって姉妹染色体の分離が起こる。S. pombe のコヒーシン複合体は、Psm1 と Psm3が互いのヒンジドメインで結合したheterodimerにRad21とPsc3が結合している。コヒーシンサブユニットはセントロメア領域に局在する。
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-137
100 ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-141

分裂酵母Schizosaccharomyces pombe Sds22 タンパク質はleucine-rich repeats を含みS. pombeの2つのtype 1 protein phosphatases (Dis2 とSds21) のcatalytic subunitと結合する。Sds22 はこれらの phosphataseの制御サブユニットであり、Sds22と結合したphosphataseの活性は細胞分裂を中期から後期へと導くのに必須である。Sds22は細胞の生存に不可欠であり、これを欠損すると細胞は中期で停止してしまう。Sds22 タンパク質はrepeating helical rod 構造を取っていると推測され、この形状によりPP1-依存性dephosphorylation 活性の促進が可能となるものと思われる。
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-141
100 ul
40,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-143

分裂酵母Schizosaccharomyces pombe のSds23 タンパク質は有糸分裂において分裂後期への進行を促進する働きをしている。S.pombeにおいて、分裂後期を開始するにはPP1 (protein phosphatase 1) と20S cyclosome/APC が必要である。 Sds23 遺伝子はPP1および20S cyclosome/APC の変異のmulticopy suppressorであり、このことはgene dosage の増加によって分裂後期開始におけるPP1とcyclosome/APCの必要度を軽減させるものと考えられる。sds23 遺伝子はよく保存された408 個のアミノ酸産物をコードしている。sds23 遺伝子は細胞の生存には必須ではないがsds23 欠損変異株では分裂後期への進行と細胞質分裂が遅延し、細胞の形態が異常になる。したがってSds23 タンパク質は分裂後期への進行のみならず細胞質分裂や細胞形態にも関与していると思われる。Sds23 はPP1ともcyclosome とも物理的に結合していない。Sds23 は未知のメカニズムによってPP1 や20S cyclosome/APC を制御しているものと思われる。
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-143
100 ul
39,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > シグナル伝達
製品名
 
製品簡略説明
製品番号:71-161

保存 :  –20℃ ( 輸 送:4℃ または –20℃ )
反応性: Ser62がリン酸化されたヒト及びマウスcMycタンパク質。ラット
抗原: ヒトcMycタンパク質のphospho-Ser62を含む合成ペプチド
用途
1.ウエスタンブロッテイング (~1 ug/ml)  
2.免疫蛍光染色 (0.5-1.0 ug/ml)
3.免疫組織染色(5 ug/ml Perform heat mediated antigen retrieval
with citrate buffer pH 6 before formalin treated paraffin
embedded sectioning)
4.Flow cytometry (Use 1 μg for 106 cells)
5.ELISA(Assay-dependent)

背景:cMycはヒトの種々の癌で広く高発現しているプロトオンコジーンである。cMycタンパク質は多数の遺伝子の転写の促進と抑制に働き、細胞の増殖、アポトーシス、分化、幹細胞の自己更新を制御している。cMycタンパク質のSer62/Thr58のリン酸化は細胞の増殖と細胞周期の制御に密接に関係している。Ser62のリン酸化はRasによって誘導されるcMyc安定化と活性化に必須であり、cMycの分解のためのThr-58のリン酸化にも必要である(文献1)。
Isotype:  マウスIgG2b (κ)
性状: 精製モノクローン抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS 50% glycerol

 
 
商品コード
容量
価格
 
71-161
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-154
Shugoshin 1は、減数分裂期に発現するタンパク質で、分裂酵母Schizosaccharomyces pombeの第1減数分裂期(meiosis I)にセントロメアのcohesinタンパク質Rec8の解離を抑えている。
用途:1) ウェスタンブロット (1000倍希釈) 2) 蛍光免疫染色 (100倍希釈)
抗体: リコンビナントShugosin 1でウサギを免疫し、リコンビナントShugosin 1でアフィニティ精製した。
性状: 0.2 mg/mlアフィニティ精製抗Shugosin 1 抗体、1 mg/ml BSA、PBS (pH 7.2)、50% グリセロール、濾過滅菌済み、アジ化ナトリウムを含まない。
保存: -20℃
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-154
100 ul
40,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:62-302

Cdc37 は出芽酵母Saccharomyces cerevisiae の細胞分裂周期制御タンパク質として見いだされた (文献1)。このタンパク質は細胞の情報伝達における特異的機能をもつ分子シャペロンである (文献2)。 Hsp90ならびにさまざまなタンパク質リン酸化酵素と複合体を形成することがわかっており、 Hsp90の標的リン酸化酵素への輸送で重要な働きをすると考えられている(文献3。
Cdc37 の分子量は 58.4 kDである。
 
 
商品コード
容量
価格
 
62-302
100 ul
45,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地  |   必要書類のダウンロード
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社