ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:1件
1件〜1件を表示
製品名
 
製品簡略説明
製品番号: 71-141

背景:MdmXはDNA損傷に応答してSer367部位がATMの下流にあるChk2によってリン酸化され、14-3-3との結合が増化して核に移行し、Mdm2による分解を受け、その結果p53が活性化される(文献12b3)
用途:1.ウエスタンブロッテイング (〜1 ug/ml)  2. 免疫沈降 3. ELISA
4. 免疫染色
抗原:ヒトMdxタンパク質のphospho-Ser367を含む合成ペプチド
isotype: マウスIgG2b (κ)
性状: 精製モノクローン抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS 50% glycerol
反応性: Ser367がリン酸化されたマウス及びヒトのMdmXタンパク質。
保存: -20℃(長期 -70℃)
文献:
1. Okamoto K. et al. Mol Cell Biol 25: 9608 (2005)
2. Chen L. et al. EMBO J 24: 3411 (2005)
3. Pereg Y. et al. Mol Cell Biol 26: 6819 (2006)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-141
100 ug
39,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地  |   必要書類のダウンロード
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社