ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:1件
1件〜1件を表示
製品名
 
製品簡略説明
製品番号: 70-115

機能 : CDT2 (ヒト 730 aa 79.5 kDa) は、細胞周期制御、DNA損傷応答および損傷乗越え型DNA合成のために必要なDCX (DDB1-CUL4-X-box) E3ユビキチンタンパク質リガーゼ複合体の基質特異性アダプターである。DCX (DTL) 複合体体 (別名CRL4 (CDT2) 複合体) は、CDT1およびCDKN1A/p21(CIP1)のポリユビキチン化および後の分解を調節する。DNA損傷に応じて起こるCDT1分解は、DNA複製の適切な細胞周期制御を保証するのに必要である。S期またはUV照射後のCDKN1A/p21(CIP1)分解は、複製ライセンシングを制御するのに必須である。ほとんどの基質は、ポリユビキチン化にPCNAとの相互作用を必要とする: 基質はPIPボックスを介してPCNAと相互作用し、PIP-box中にK+4モチーフを含む基質はDCX (DTL) 複合体をリクルートして分解に至る。損傷を受けていない増殖細胞では、DCX (DTL) 複合体がPCNAの「Lys-164」のmono-ubiquitinationを推進し、PCNA-依存性translesionDNA合成に関与する。DNA損傷後、CDT2は、チェックポイントキナーゼATRによって活性化される。
用途
1. ウエスタンブロット法 (1/2000希釈)。
2. 免疫沈降 
3. 免疫蛍光染色 (1/100~1/1000 希釈)
4. Flow Cytometry 
他の用途は試していない。
 
 
商品コード
容量
価格
 
70-115
100 ul
39,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社