ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:3件
1件〜3件を表示
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:65-901

異常型プリオン蛋白質(PrPSc)が感染すると神経細胞にある正常型プリオン蛋白質(PrPC)がPrPScに変換されることにより感染が進行する(1)。PrPCがPrPScに変化するとPrPScが蓄積すると同時にPrPCが欠乏することによってプリオン病が引き起こされると考えられている。
PrPCは哺乳動物間で高い相同性を持っており、神経系の神経細胞やグリア細胞に高い発現がみられるだけでなく、免疫系や生殖系にも広く発現する膜蛋白質として知られる。PrPCには2箇所の糖鎖付加部位が存在するため、ウェスタンブロッティングでブロードなバンドとして観察される(図1)。
ラビットの腎臓細胞RK13にGPIアンカー欠損ヒトPrPを発現させ、培地から精製したPrPを抗原としてマウスを免疫し、ハイブリドーマを作成した。2C5-5は、大阪大学微生物病研究所の生田和良教授らのグループによって単離されたクローンである。
本品は2C5-5をマウスBALB/Cの腹水へ注射し、その腹水からIgGを精製したものである。

用途
1)ウェスタンブロッティング
2)ELISA
性状: PBS (0.15M NaCl 10mM リン酸ナトリウム緩衝液(pH7.2)) 50% Glycerolフィルター滅菌
濃度: 1.0 mg/ml
保存: -20℃(長期保存の場合は-80℃)

文献
1. Sakudo A et al. J Vet. Med. Sci. 69 329-337 (2007) Review
2. Inoue Y et al. Jpn. J. Infect. Dis. 58 78-82 (2005)
3. Grathwohl KU et al. J Virol. Methods 64 205-216 (1997)
 
 
商品コード
容量
価格
 
65-901
50 ug
30,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:95-903

異常型プリオン蛋白質(PrPSc)が感染すると神経細胞にある正常型プリオン蛋白質(PrPC)がPrPScに変換されることにより感染が進行する(1)。PrPCがPrPScに変化するとPrPScが蓄積すると同時にPrPCが欠乏することによってプリオン病が引き起こされると考えられている。
PrPCは哺乳動物間で高い相同性を持っており、神経系の神経細胞やグリア細胞に高い発現がみられるだけでなく、免疫系や生殖系にも広く発現する膜蛋白質として知られる。PrPCには2箇所の糖鎖付加部位が存在するため、ウェスタンブロッティングでブロードなバンドとして観察される(図1)。
ラビットの腎臓細胞RK13にGPIアンカー欠損ヒトPrPを発現させ、培地から精製したPrPを抗原としてマウスを免疫し、ハイブリドーマを作成した。7A1は、兵庫県立大学環境人間学部北元憲利教授によって単離されたクローンである。
本品は7A1をマウスBALB/Cの腹水へ注射し、その腹水からIgGを精製したものである。

用途
1)ウェスタンブロッティング
2)ELISA
性状: PBS (0.15M NaCl 10mM リン酸ナトリウム緩衝液(pH7.2)) 50% Glycerolフィルター滅菌
濃度: 1.0 mg/ml
保存: -20℃(長期保存の場合は-80℃)

文献
1. Sakudo A et al. J Vet. Med. Sci. 69 329-337 (2007) Review
2. Inoue Y et al. Jpn. J. Infect. Dis. 58 78-82 (2005)
3. Grathwohl KU et al. J Virol. Methods 64 205-216 (1997)
 
 
商品コード
容量
価格
 
65-903
50 ug
30,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
Code: 62-300

出芽酵母S. cerevisiae Sup35 タンパク質は翻訳終結因子eRF3として働いている。このタンパク質は [PSI+] プリオン状態となると不溶性となり、凝集体をつくる(文献1)。この状態になるとSup35の本来の働きは不全となり、停止信号を無視するという酵母のプリオン病を発生する(文献2)。 この凝集体の形成と維持には分子シャペロンHsp104が必要である(文献3、4)。
 
 
商品コード
容量
価格
 
62-300
100 ul
45,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社