ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:114件
1件〜10件を表示
分子生物学 / 細胞学 > シグナル伝達
製品名
 
製品簡略説明
71-001

保 存:4℃で輸送、-20℃で保存
反応性:ヒト、サル、マウス、ラット、ハムスター、イヌ
免疫原:ヒトRanBP9タンパク質のPhe133-Tyr229を含む組換え体タンパク質

用途
1. ウエスターンブロッティング (1/1000-1/2000)
2. 免疫沈降
3.免疫蛍光染色(1/200-1/1000)
4.免疫組織化学染色(1/200). パラフィン包埋切片のフォルマリン固定の前の抗原露出熱処理をクエン酸バッファー(pH 6.0)中で行う。

性 状: 0.09%のアジ化ナトリウムを添加した抗血清

背景:RanBPM (RanBP9) はスモールGTP結合タンパク質Ranと相互作用するタンパク質として同定され、670 kDの複合体を細胞内で形成している。 このタンパク質は729のアミノ酸を含み、ウエスターンブロッティングで95 kDのタンパク質として同定される(下図:Ref.1)。このタンパク質はマイクロチュビュルの核形成に働き、他の種々のタンパク質と統合して細胞増殖を制御する。
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-001
100 ul
39,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > シグナル伝達
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:71-003

RanBP2はスモールGTP結合タンパク質Ranと相互作用するタンパク質として同定され、多数のタンパク質と巨大な複合体を細胞内で形成している。このタンパク質は 3224のアミノ酸を含みウエスターンブロッテイングで360 kDのタンパク質として同定される(下図、Ref.1)このタンパク質はmRNAのプロセッシング、タンパク質の核輸送、細胞分裂後の核膜の再構築、細胞周期の制御など多機能に関与する。
 本抗血清はRanBP2の保存された3回繰り返し配列SKAPKSGFEGMFTKKEの合成ペプチドを抗原として西本ら(九大)によって作られた(文献1)。


性状:0.009%のアジ化ナトリウムを含む抗血清

保存:-20℃

関連商品:RanBP2 cDNA(問い合わせ)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-003
100 ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:69-001

Tubulin is the major constituent of microtubules. There are three members (α β γ) and two subtypes (δ
ε) in the tubulin family. Of these members Gamma tubulin (451aa 51KDa) is found at microtubule
organizing centers (MTOC) such as the spindle poles or the centrosome suggesting that it is involved in
the minus-end nucleation of microtubule assembly during cell cycle.
ApplicationsApplications: : : :
1.Western blotting (200~ 1000 fold dilution)
2. Immunofluorescent staining (assay dependent)
Reactivity: Reactivity: Reacts with γ-tubulin of Xenopus human and rodents
Immunogen: Immunogen: Xenopus gamma-tublin C-terminal peptide C-TENSFTLDADF conjugated with KLH
FormFormFormForm:::: Affinity purified antibody 1mg/ml in PBS 50% glycerol filter-sterilized
Storage:Storage: Shipped at 4℃. Upon arrival aliquot and store at -20℃.
 
 
商品コード
容量
価格
 
69-001
100 ug
39,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > シグナル伝達
製品名
 
製品簡略説明
Gtr2 (341 amino acids 38.6 kDa) is the yeast homologue of RagC identified in yeast and classified as a Ras-like small GTPase subfamily. In cytoplasm GTP-bound Gtr2 forms a heterodimer with Gtr1 which is involved in autophagy through mTOR signal pathway.

Applications
1) Western blotting ( 500~ 2000 folds dilution)
Not tested for other applications
Reactivity: Reacts with S. cerevisiae Gtr2 protein
Immunogen: Purified Full-length yeast Gtr2 protein fused with GST
Form: Anti-Gtr2 rabbit serum added with 0.05% sodium azide.
Storage: Shipped at 4℃. Upon arrival aliquot and store at -20℃.
 
 
商品コード
容量
価格
 
62-351
100ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
Code:63-160

Tubulin is the major constituent of microtubules. There are three members (α β γ) and two subtypes (δ ε) in the tubulin family. Of these members beta tubulin (449 aa 51 kDa) is found at microtubule organizing centers (MTOC) such as the spindle poles or the centrosome suggesting that it is involved in the minus-end nucleation of microtubule assembly during cell cycle.
Applications
1) Western blotting (1000 fold dilution)
2) Immunofluorescent staining (assay dependent)
Reactivity: Reacts specifically with -tubulin of
Schizosaccharomyces pombe。Not tested with other species.
Immunogen: S.pombe β-tublin C-terminal peptide
C-YEIEEEKEPLEY-OH
Purification: Affinity purified with the immunogen peptide
Form: 1 mg/ml in PBS 50% glycerol. Filter-sterilized
Storage: Shipped at 4℃ or -20℃. Upon arrival aliquot and  
store at -20℃.
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-160
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
70-110

Storage: Shipped at 4℃ and store at -20℃

Reactivity: Reacts with human mouse rat hamster and xenopus

Applications
1) Western blotting (~ 1/1000 dilution)
2) Immunofluorescent staining (1/100~1/1000 dilution)

Immunogen: Synthetic peptide conjugated to KLH with a Cysteine residue linker corresponding to C terminal amino acids 155-168 (C-GEVNEEEFLRIMKK) of Human centrin-1

Purity: Affinity-purified with the immunogen peptide

Form: 1mg/ml in PBS 50% glycerol. Filter-sterilized. Azide and carrier free.

Function: Centrin 1 ( human; 172 aa MW; 19570) plays a fundamental role in microtubule
organizing center structure and function. Centrins also known as caltractins are a family
present in the centrioles and pericentriolar lattice. Human centrin genes are CETN1
CETN2 and CETN3. Centrins are required for duplication of centrioles. They may also
play a role in severing of microtubules by causing calcium-mediated contraction

 
 
商品コード
容量
価格
 
70-110
100ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号;51-004

DNA methylation is a type of chemical modification of DNA that can be inherited and subsequently removed without changing the original DNA sequence. Therefore it is part of the epigenetic code and is also the most well characterized epigenetic mechanism. DNA methylation results in addition of a methyl group to DNA ― for example to the number 5 carbon of the cytosine pyrimidine ring ― which involves reduction in gene expression. In adult somatic tissues DNA methylation typically occurs in a CpG dinucleotide context; non-CpG methylation is prevalent in embryonic stem cells. This hybridoma has been constructed by Prof. H. Sano.
 
 
商品コード
容量
価格
 
51-004
50 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号: 51-005

DNA methylation is a type of chemical modification of DNA that can be inherited and subsequently removed without changing the original DNA sequence. Therefore it is part of the epigenetic code and is also the most well characterized epigenetic mechanism. DNA methylation results in addition of a methyl group to DNA ― for example to the number 5 carbon of the cytosine pyrimidine ring ― which involves reduction in gene expression. In adult somatic tissues DNA methylation typically occurs in a CpG dinucleotide context; non-CpG methylation is prevalent in embryonic stem cells. This hybridoma has been constructed by Prof. H. Sano.
 
 
商品コード
容量
価格
 
51-005
50 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号: 71-600

機能: VRK1(Vaccinia-Related Kinase 1; 396 aa 45.5 kDa)はセリン/トレオニンキナーゼでゴルジ体の断片化を誘発するために必要で、有糸分裂中にPLK3によるリン酸化を受けた後に細胞周期中のゴルジ体の解離に関与する。下流標的タンパク質53/TP53 の「Thr-18」のリン酸化を介し、p53/TP53とMDM2の間の相互作用を妨げる可能性がある。また、カゼインおよびヒストンH3もリン酸化する。BANF1のリン酸化はDNAに結合する能力を失わせ、LEMドメイン含有タンパクに結合する能力を低下させ、核から細胞質への移行を引き起こす。

用途
1. ウエスタンブロット法(1/500~1/1000希釈)。 本抗体には高感度の化学発光試薬であるLumi-Light Plus (Roche)、ImmunoStar○RLD ImmunoStar○R Zeta (和光純薬)などの使用を推奨する。
2. 免疫沈降
3. 免疫蛍光染色(1/100希釈)
4. 免疫組織化学
5. ELISA
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-600
100 ug
39,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > シグナル伝達
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-101

分裂酵母のSwi651タンパク質は動物のHP1 (Hetrochromatin Protein 1)の機能的、構造的ホモログで、セントロメア、テロメア、サイレントな接合型遺伝子座に結合して、ヘテロクロマチンの形成に関与する。Swi6はLys9がメチル化されたヒストンH3やコヒーシンのサブユニットPsc3共結合して遺伝子サイレンシングや姉妹染色体の接合にも関与する (文献1)。

 本品は大腸菌で組換え体タンパク質として発現させて、高度に精製した全長のS. pombe Swi6タンパク質(His-Tag付)を抗原としてウサギを免疫して作成した。この抗血清を用いて、分裂酵母粗抽出液を用いたウェスタンブロッテイング法でSwi6は分子量が37 kDにも関わらず〜53 kDの位置に検出される(図1)(文献23)。
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-101
50 ul
30,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地  |   必要書類のダウンロード
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社