ユーザー登録
     
買い物カゴへ
 
製品情報
並び順
情報全件数:114件
51件〜60件を表示
製品名
 
製品簡略説明
60-001

保存温度: 4℃で送付、-20℃で保存。

反応特異性: GFP および GFP融合タンパク質
免疫原: リコンビナントGFP

用途:
1. ウエスタンブロッティング (~1ug/ml)    2. 免疫沈降   
3. 免疫蛍光染色     
4. クロマチン免疫沈降 (ChIP)         5. ELISA

アイソタイプ: ラット IgG1 kappa

形状: 精製モノクローナル抗体 (IgG) 1mg/ml in PBS 50% glycerol
濾過滅菌

 
 
商品コード
容量
価格
 
60-001
100 ug
25,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:60-011

Green fluorescent protein (GFP) は238 アミノ酸 (26.9 kDa)から成り、もともとはオワンクラゲAequorea victoriaより分離されたタンパク質で、青色光で励起された場合緑色の蛍光を発する。細胞生物学、分子生物学の分野では、GFP遺伝子を他のタンパク質遺伝子と融合させ、融合タンパク質の分布や発現を調べることができるため、GFPは有力なツールとなっている。
 
 
商品コード
容量
価格
 
60-011
100 ul
20,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > シグナル伝達
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:71-171

背景:Rb (Retinoblastoma 網膜芽腫)タンパク質は癌抑制遺伝子Rbのコードする110 kDaのタンパク質で、G1期で細胞周期を停止させて不適切な細胞増殖を止める機能を持っている(1)。Rbは転写促進因子であるE2F1 PU1.ATF2 UBF Elf-1 c-Ablなどと結合して転写レベルで増殖抑制機能を発揮する(2-4)。Rbの機能の喪失によって細胞増殖の制御が効かなくなり、網膜芽腫をはじめ、種々の悪性腫瘍が形成される。細胞増殖を転写レベルで抑制するRbの機能はサイクリン依存性のキナーゼによるRbのリン酸化によって不活化される。
用途
1. ウエスタンブロッテイング(~1 μg/ml) 2.ELISA 3. 他の用途は試されていない。
製品の性質
抗原:ヒトRbタンパク質のphospho-Ser795を含む合成ペプチド
Isotype: マウスIgG2a (κ)
性状:精製抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS 50% glycerol filter-sterilized
反応特異性:Ser795がリン酸化されたヒトRbタンパク質。他の腫ではテストされていない
文献
1. Sherr CJScience 274: 1672 (1996)
2. Nevins PJ et al. Science 258: 424 (1992)
3. Welch PJ & Wang JY Cell 75: 779 (1993)
4. Hu QJ et al. EMBO J. 9:1147 (1990)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-171
100 ug
39,000円(税抜)

分子遺伝学 > 転写・翻訳
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:63-125

真核生物ではDNAは高度に保存された4種類のヒストン(H2A H2B H3 H4)との相互作用によってヌクレオゾーム構造として折りたたまれている。ヒストンは多様なシグナル伝達のターゲットとしてリン酸化、アセチル化、メチル化、ADP-リボシル化など種々の翻訳後修飾を受けて機能が調節されている。
用途(詳細は下記文献を参照)
1) Western blotting (1000 倍希釈). 2) 免疫沈降 (CHIP アッセイ).

抗原: 分裂酵母 histone H2B のN末配列SAAEKKPASKAPAGKAの合成ペプチド
反応性: 分裂酵母ヒストン H2B
抗体: ウサギ抗血清 (0.05 % sodium azide添加)
保存: 4℃ (長期 -80℃)

文献: 本抗体は下記の論文で使用されている.
1. Maruyama T. et al. Histone H2B mutations in inner region affect ubiquitination centromere function silencing and chromosome segregation. EMBO J. 25: 2420-2431 (2006)
 
 
商品コード
容量
価格
 
63-125
50 μl
30,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > シグナル伝達
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:71-173

背景:Rb (Retinoblastoma 網膜芽腫)タンパク質は癌抑制遺伝子Rbのコードする110 kDaのタンパク質で、G1期で細胞周期を停止させて不適切な細胞増殖を止める機能を持っている(1)。Rbは転写促進因子であるE2F1 PU1.ATF2 UBF Elf-1 c-Ablなどと結合して転写レベルで増殖抑制機能を発揮する(2-4)。Rbの機能の喪失によって細胞増殖の制御が効かなくなり、網膜芽腫をはじめ、種々の悪性腫瘍が形成される。細胞増殖を転写レベルで抑制するRbの機能はサイクリン依存性のキナーゼによるRbのリン酸化によって不活化される。
用途
1. ウエスタンブロッテイング(~1 μg/ml) 2.ELISA 3. 他の用途は試されていない。
製品の性質
抗原:ヒトRbタンパク質のphospho-Thr821を含む合成ペプチド
Isotype: マウスIgG1 (κ)
性状:精製抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS 50% glycerol filter-sterilized
反応特異性:Thr821がリン酸化されたヒトRbタンパク質。他の腫ではテストされていない
文献
1. Sherr CJScience 274: 1672 (1996)
2. Nevins PJ et al. Science 258: 424 (1992)
3. Welch PJ & Wang JY Cell 75: 779 (1993)
4. Hu QJ et al. EMBO J. 9:1147 (1990)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-173
100 ug
39,000円(税抜)

分子生物学 / 細胞学 > アポトーシス
製品名
 
製品簡略説明
商品コード:71-151

背景:E2F1タンパク質は共通の構造と機能ドメインをもつE2Fグループに属し、転写因子として動物細胞におけるG1/S期移行に重要な役割を果たす(1)。E2F1はDNA損傷に応答して、Chk2キナーゼによってSer364がリン酸化され、安定化され、核に移行して、転写因子として活性化される(2)用途
1.ウェスターンブロッテイング (~1μg/ml) 2. ELISA 3.他の用途は調べていない。
製品:Ser364がリン酸化したヒトE2F1タンパク質に特異的に反応するマウスモノ
クローン抗体(クロー#2)
抗原:ヒトE2F1タンパク質の phospho-Ser364を含む合成
ペプチド
Isotype:マウスIgG2b (kappa)
性状:精製IgG 1 mg/ml in PBS(-) 50% glycerol
文献
1. Trimarchi JM & Lees JA Nature Rev Mol Cell Biol 3:
11 (2002)
2. Stevens C. et al. Nature Cell Biol 5: 402 (2003)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-151
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:73-018

Key words: Calreticulin CALR XCRP55 Calregulin Endoplasmic reticulum resident protein 60 (ERp60)
Lectin chaperon calcium homeostasis
Function: Calreticulin (CALR) is calcium-binding chaperone that promotes folding oligomeric assembly and quality control in the endoplasmic reticulum (ER) via the calreticulin/calnexin cycle. This lectin interacts transiently with almost all of the monoglucosylated glycoproteins that are synthesized in the ER. Interacts with the DNA-binding domain of NR3C1 and mediates its nuclear export. Involved in maternal gene expression regulation. May participate in oocyte maturation via the regulation of calcium homeostasis
Molecular mass: CALR consists of 416 amino acids with molecular mass of 47995 Da.
Applications:
1. Western blotting (1/1000 dilution))
2. Immunoprecipitation (1/100)
Other applications have not been tested.
 
 
商品コード
容量
価格
 
73-018
100 ul
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:71-131

保存温度 : 4℃で輸送、-20℃ で保存
反応性:ヒト p53 acetyl K120
免疫原:ヒトp53 acetyl-Lys120を含む合成ペプチド

用途: 
1.ウエスタンブロッテイング (1/1000 図1)  
2. 免疫沈降 (図2)
3. 免疫蛍光染色(1/100-1/1000 図3)  
4. Flow-Cytometry (1/100 ) 5.ELISA

Isotype: マウスIgG1 (κ)

性状: 精製モノクローン抗体(IgG) 1 mg/ml in PBS (pH 7.4) 50% glycerol filter滅菌、無添加

背景:p53タンパク質は癌抑制遺伝子p53の産物である。p53の変異はヒト癌の半数以上で検出される最も重要な癌関連遺伝子である。p53は53 kDの位置に電気泳動で検出され、393のアミノ酸からなる。p53は細胞にストレスのない状態では量も少なく不活性な状態にあるが、種々のストレス特にDNA損傷等により活性化され、細胞周期の停止、DNA損傷の修復、アポトーシスの誘導などに関与する。p53の活性はセリンやスレオニンのリン酸化やリジンのアセチル化等の翻訳後の修飾によって制御されている。 
  p53のLys120部位のアセチル化はDNA損傷等に応答して、MYST family acetyltransferaseに属するhMOFやTip60によってなされアポトーシスを誘導する遺伝子であるBAXや PUMAの転写を誘導する。
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-131
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
製品番号:71-113

背景;p53の転写活性化ドメインのMdm2結合部位にあるSer20がリン酸化されるとMdm2との結合が阻害されp53は4量体を形成して安定化し、活性化される。Ser20はChk1、Chk2リン酸化酵素によりリン酸化される(2、3)。
用途:
1. ウエスタンブロッテイング (~1 μg/ ml) 2. ELISA
製品の性質
抗原:phospho-Ser20を含む合成ペプチド
反応性: Ser20がリン酸化されたヒトp53タンパク質
Isotype: マウスIgG1 (κ)
性状: 精製モノクローン抗体 (17B6) 1 mg/ml in PBS (pH 7.4) 50% glycerol (フィルター滅菌済)
文献
1.Bode AM & Dong Z. Nature Rev. Cancer 4: 793 (2004)
2.Shieh SY et al. EMBO J. 18: 1815 (1999)
3.Hirao A. Science 287: 1824 (2000)
 
 
商品コード
容量
価格
 
71-113
100 ug
39,000円(税抜)

製品名
 
製品簡略説明
商品コード:60-021

用途
1.ウエスタンブロッティング (1/2000希釈) 2. 免疫沈降
その他の用途は試されてない。

抗原: リコンビナントGST (アミノ酸No.1-212)

形状: 0.05% sodium azide添加血清

反応特異性: GSTおよびGST-tagged タンパク質

保存: 4℃で送付、小分けして -20℃で保存。凍結融解の繰り返しは避ける
 
 
商品コード
容量
価格
 
60-021
100 ul
20,000円(税抜)

セキュリティについて  |   個人情報について  |   免責事項  |   サイトマップ  |   所在地
Copyright(C) BioAcademia, 2006. All Rights Reserved.
バイオアカデミア株式会社